こちらもポチっと^^お願い致します。

人気ブログランキングへ



番外編


うちの親父は、ホンダのセールスマンをしておりました。

もう24年前に他界しましたが。

親父は、売れていない販売店に行って成績を上げると、

また転勤と言う感じでした。

その後、女癖と酒癖の悪い父ちゃんは、離婚後、転勤となり、

「ホンダベルノ佐賀」の店長になりました。

その親父が10枚近くホンダ系レーサーのサイン色紙をくれました。

まあ、宛名は「ホンダベルノ佐賀」様ですが

自分が知っていたのは、「中島悟」選手・「小沼賀代子」選手だけでした。

全て1981年に書いてもらったものの様です。


それから、時は過ぎ、親父も他界し、

友達が読んでいた「ミスターバイク」に追悼記事が載ってました。

それは、「阿部孝夫」選手が「一ノ瀬憲明」選手に対しての追悼記事でした。

「一ノ瀬憲明」選手は全日本選手権125ccクラス・

3年連続チャンピオンの選手でした。


一ノ瀬憲明



僕自身、とても詳しい訳ではありませんが、腱鞘炎の持病があったようで、

250ccクラスにステップアップした時は、苦労していたようです。

当時の事は記事でしか読んだ事がないので、

判らないところもあります。


その「一ノ瀬憲明」選手は自殺をしてしまいました。

JR浜松駅で、通過中の新幹線に飛び込み、

鉄道自殺をしてしまいました。

今の時代と違って、みんな一生懸命だったと思います。

例えば、尾崎豊さんの歌に共感し、学校を辞めたり、

レースをしたいから、学校を辞める人もいました。

自分の知り合いには違う高校の同級生で、親からレースをすることを反対され、

自殺した方もいました。

僕はその方と一ノ瀬選手がオーバーラップしてしまうんですよね。

たかがレースでは無いんですよ。人生の全てが賭けられるスポーツだと思ってます。

もうおっちゃんも歳取って、人生の最終地点はどうなるかなと考えたりしますが、

出来るならサーキットでと本当に思います。






「一ノ瀬憲明」選手のサインを持っています。

ミスターバイクの追悼の記事で初めて、

あのサインが「一ノ瀬憲明」選手と判りました。

サインが読めなかったのが理由でしたが、

えんぴつで、

「全日本選手権125ccクラス80年チャンピオン 一ノ瀬憲明」

と色紙の裏に書いてありました。


僕は20歳になり、ホンダに入社して、鈴鹿レーシングに入るつもりでした。

ガレージ(部室)を見学させて頂くと

「一ノ瀬憲明」選手の表彰状がありました。






一昨年、結婚している時に、岐阜にいたので東海道本線に乗って、

JR「浜松」駅に行き、手を合わせて来ました。

F1000074



今もまた、一ノ瀬さんのサイン色紙を飾りました。

今度は辞めることなく、

長く走り続けたいと思います。

(ブログ書いてランキングばかり気にしているのが、日課です)

バトルファクトリーの永友さんにお願いして許可を頂き、

DSCN1429



レーシングスーツを作りました。

いずれですが、またバトルファクトリーさんに所属出来たらいいなと、

思っております。


20年前所属して、根性無しで福岡に帰ってしまいました。

リベンジでもう一度、挫折したところからやり直すつもりでいます。


永友さん見てないですよね^^

内緒にしておりまして、申し訳ありません。

お会い出来る機会がありましたら、お土産持参したいと思います。




もしよかったら、こちらのホームページも見てみてください。

阿部孝夫選手と一ノ瀬憲明選手の事が書いております。


自然山通信 ニシマキのかわうち通信


勝手にリンクしてしまいすみません。

ご迷惑ならすぐ、リンクを外します。




こちらもポチっと^^必ずお願い致します。

人気ブログランキングへ